看護師の転職

2012年7月 6日 (金)

看護師の復職と再就職について

看護師は2010年のデータでは9割以上が女性と言うこともあり、まだまだ女性が多く活躍している職場です。

そのため、結婚や妊娠などを期に一度離職してしまうケースが少なくありません。また、看護師という職業の福利厚生は手厚い場合が多く、産休や育児休暇等も充実している点も、女性に支持される仕事のようです。


たとえば産後復帰の看護師の多くは、子育てと両立させるために、非常勤体制をとることが多いようです。その後、同じ医療機関で常勤の受け入れがあれば非常勤から常勤に切り替えるということもできます。

看護師という職業は、看護師資格を有するため、年齢を重ねても比較的転職率の良い職業です。しかし、医療の世界は、日々研究が進められ、昔は不治の病といわれていた病でも、現代医学では治療で完治が可能になったものもあるように、日々進化しています。そのため、以前に看護師をしていたが、長いブランクの後に復帰するとなると、以前のようにスムーズに業務がこなせなかったり、新しい知識を覚えなくてはならなくなったり、新しい機械を使えるようにならなくてはならなかったりする場合が出てきます。

人命にかかわる業務である以上、看護師業務は完璧にこなさなければなりません。再就職の場合でも、フォローをしてくれるところ、プリセプターが付いてくれるところもあるので、自分の働き方、スキルにあった就業先を見つけて欲しいと思っています。


2012年2月 1日 (水)

看護師転職事情【旭川市】

旭川市の病院求人事情や患者目線で評判の良い病院を紹介します。

病院の口コミサイトを見ると、旭川市の中で最も評判の良い病院が「六条医院」です。
六条医院は、旭川駅1キロ圏内に位置している精神科と心療内科専門の医院です。

医師や看護師をはじめ、医療スタッフの評価が高い病院です。
男性の医師が非常勤で勤めていますが、臨床心理士は女性です。とくに臨床心理士の女性の先生の評判がよいです。

また、病院選びの待遇で気になる給与も、現在募集している病院の中から、30万前後の給与がもらえる病院をいくつかピックアップします。
ナース人材バンクの求人サイトより抽出しました

進藤病院 旭川4条駅 20万1600円 ~ 30万円 (月給)
旭川高砂台病院 高砂台入口停留所  20万円 ~ 33万円 (月給)
吉田病院 旭川駅 27万円 ~ (月給) / (規定により優遇)

このほかの旭川市の看護師求人をお探しの方は、ナース人材バンクへお問い合わせください。

2011年9月28日 (水)

病院での面接について

「面接は自信満々!!!!!」

というような人はなかなかいないでしょう。

「面接で何を話したらいいのか」
「どのようなあ質問をされるのか」
「ちゃんと受け答えが出来るのか」

不安を抱えている人の方がはるかにたくさんいると思います。

そんな不安を抱えている人のために、ワンポイントアドバイスをしたいと思います。

1、成功した仕事を振り返る
「●●をしたことによって、充実感を感じる事が出来た」「何かをやり遂げた」「これが嬉しかった」などというように、体験例を思い返して見ましょう。
ここで取り上げる項目は、患者さまに対することだけではなく、職場の人間関係のことでも、研究発表nことでも何でも大丈夫です。

    ↓

2、どうして成功といえるのかを考える
取り上げた内容が、「どうして成功といえるのか」「どうして成功できたのか」を考えます。成功させるために取り組んだことや工夫したことも思い出してみると良いでしょう。
ここで出て来る内容こそが、自分で身につけることの出来た「スキル」ということが出来るのです。

    ↓

3、そこから何を学んだのか
工夫したこと、取り組んだことは、きっと今のあなたの仕事に大きく役に立っていることだと思います。
「この経験があってからは、●●に興味を持ち、積極的に調べるようになりました」「●●を常に心がけて取り組むようになりました」といった表現が出来るようにまとめてみましょう。

    ↓

4、これからどのように活かしていきたいのか
3であげた内容というのは、あなたの考え方であったりスタンスとなります。
そして、それを発揮させるために転職をするというように流れを結びつけるのです。
「●●という事に対して興味を持ち、さらに深く追求していきたいと考え、その●●の実績があるこの病院に転職したいと考えました」というようなものです。

これまでの、3~4が組み合わせると必然的に一つの流れにして表現する事が出来ます。

「●●をやり遂げたことによって、とても達成感を感じました。それからは●●ということに興味を持ち、●●に対してもっと追求した知識を身につけたいと思うようになりました。そこで私は●●の実績があるというこの病院への転職を志望しました。入職後はこの体験で身に付けることの出来た●●の知識を活かしながら、さらに踏み込んだ知識を身につけられるように取り組んでいきたいと思っています」

このように、過去の成功例をきっかけに転職を考えたというような流れになるように考え、希望する仕事と結びつけてみましょう。
そうすることにより、身に付けたスキルを話しやすくなるうえに、相手側への印象もグンとあがります。

2011年8月16日 (火)

看護師の育児休暇の使い方

病院で働いている以上、何ヶ月もの連休を取ることはまず出来ないでしょう。
しかし、出産や産後にもらえる育児休暇中があるので、一時的に看護師という職場から離れることができます。

もちろん、育児休暇中は育児に専念するための休暇ですが、意外とこの育児休暇中に勉強したり、資格取得に励んだりする人も多いようです。

今日は、育児休暇の有効な使い方を紹介したいと思います。

どのような勉強をしたのか、何の資格を取得したのかは人によって様々ですが、
復職に向けた看護の勉強をしたという人と、看護とは全く関係の無い勉強をし、資格を取得した人が同じ割合でいます。

実際、復帰してきた看護師に聞いてみると、

  • 復職に向けて勉強しておけばよかった 
  • 医療関係の資格を取得しておけばよかった 
  • 復職セミナーに参加しておけばよかった 

というように、勉強しておけばよかったと感じている看護師がたくさんいるのです。

このような意見を参考に、どのような資格を取得することが出来るのか、他にはどんなことをしておけばよかった、と感じている人がいるのかを調べてみて、自分のスキルアップに繋がるような事があれば、是非取り組んでみてはどうでしょうか。

看護師紹介会社では、無料の転職相談会を開催しています。
自分にあった職場を見つけたい看護師さんや、プライベートと仕事を両立させて看護師さんは特に、看護師紹介会社を利用することで、最適な職場環境が見つかります。

育児休暇中に子育てと両立できる職場を見つけたり、復職する看護師への教育体制が整っている職場があるのかを、看護師紹介会社のコンサルタントに相談してみましょう。無理のないペースで働ける職場をきっとみつけてくれるはずです。

また、利用する看護師紹介会社によっては、看護師 転職 お祝い金をプレゼントしている会社もあります。

2011年7月26日 (火)

公立病院への落とし穴

「公立病院で働きたかったから、公立病院の求人情報を見つけてすぐに転職してしまった」

このような転職をしてしまい、結果、転職失敗となってしまうケースも少なくないようです。

確かに、

「私立病院よりも公立病院のほうがっしっかりしていそう」
「同じ病院だったら大きな国立病院に勤めたい」

というように魅力を感じてしまうのは誰でも同じことだと思います。

しかし、これらの条件は病院のイメージいわゆる、【病院の外表面に】過ぎないのです。

転職をするにあたって最も大切なことは

「どうして今自分は転職を考えて、実行しようとしているのか」

原点に戻り、その答えをきちんと考え直してみましょう。

しっかりとした答えが出てくれば、スムーズに、かつ自分にあった転職先を選んでいくことができるはずです。

例えば、

■救急医療に携わってきたので、さらに専門的な知識・技術を身に付け、スキルアップを図っていきたいから転職したい

このように具体的に転職をする理由をはっきりさせることで、
転職先に求める条件として考えていた、「公立病院」「私立病院」という分け方ではなくなってくると思います。

■地域密着型の看護をしていきたい

この考えが転職理由ならば、大規模な病院よりも街中にあるような診療所などの方が、自分には適した職場と言えるので、病院選びをする際も限定して行っていく事が可能になります。


転職先に求める条件を挙げていけば、きりがなくなってしまうと思いますが、
その中でももっとも自分が優先したいと考えている条件は果たして何なのだろうかという事を考え、
優先順位をつけて、順位の高いものをたくさん満たしている病院を選んでいくと良いのではないでしょうか。

2011年6月23日 (木)

ウェブサイトの活用方法して転職を成功させよう!

転職をする人達に向けたウェブサイト。このウェブサイトの中心となる情報は、何と言ってももちろん求人情報でといえるでしょう。
しかし、自分の希望条件と一致する求人情報を探したり、またはサイト側から提供してもらったりということだけがウェブサイトが行っているサービスではないのです。

例えば、実際の面接でよく聞かれる質問内容や、面接をしてくれる人事担当者へ好印象を与える事のできる受け答え方、他には「どう書いたらいいのか忘れた」という方が多い履歴書の書き方などの、転職活動を行っていく上で必要とされること全てに対してのサポートを行ってくれるウェブサイトも数多く存在するのです。

一方で、求人情報をたくさん調べておくことにより、
「病院側が求めている人材というのはどういう人なのだろうか」
「自分は果たして病院側が求める人材までのスキルがああるのだろうか」
という事も知る事ができます。

自分自身のスキルアップの目標にする事もできますし、自分の現在のスキルだとどれぐらいの待遇を受ける事ができるのかという相場を知る事もできます。

自宅にいながらパソコン一つでアクセスする事が可能で、かつ、無料で利用する事ができますので今すぐに転職を考えていない人でも、登録をして、定期的にチェックしておくと、いつか転職をする事になった時に役に立つのではないでしょうか。

看護師という職業に限らず、「転職」を考える全ての人にとってインターネットとは、欠かすことの出来ないほど大きな情報源となっているいることには間違いないでしょう。

求人情報誌での掲載と連動させながらインターネット上にて求人情報を発信している場合もありますし、中にはインターネットだけを利用して求人情報を取扱っている(紹介している)会社も少なくないのです。

看護師という職業で考えると、有力な人材を欲しがる病院側と、転職活動を行う看護師との間に入り、看護師や保健師などといった医療関係の転職を専門に転職支援や仲介を行う会社が、今では数多く誕生してきています。

これらのサービス会社の大半は、インターネットを利用した内容のサービスを中心として利用者にサービスを提供しています。

2011年6月11日 (土)

現役看護師が実践する人間関係の築き方

心理学を勉強している管理職の看護師が多いという話を聞いたことがあります。

人間関係を理由に転職活動を行っている看護師さんがいますが、人間関係は自分次第で改善できることもあるのです。今回は、先輩の立場から、後輩と良い人間関係を築ける実際に現役ナースが実践している方法を紹介します。

人間関係の築き方に心理学を勉強して活かしている看護師がいます。まず心理学を勉強することで得られるものは、自分自身を知ることができます。自分自身を知ることが、他人の気持ちの理解者となれることに繋がるのです。

性格がきつい人がいた場合には、性格がきつくなる原因と考えられるエピソードを考えてみることができ、ただ単に「あの人性格きついから苦手」と終わらせてしまうのではなく、性格がきつくなる要因を想像することで、相手をいとおしく思うことができるようになります。

これは、苦手意識を自分の考え方によって変えることで、苦手なタイプの人間とも上手に付き合っていけるようになるのです。いきなり自分自身の考え方を変えることも簡単なことではありません。しかし、自分が苦手だと思って相手と接すると、相手にとっても自分が苦手なタイプとなってしまうでしょう。

これではいつまでたっても一方通行ですよね。

まずは、自分の考え方や人への接し方、偏見な目で見ていないか、改めて考えてみてください。
人と人の関係は、自分が変わることで、相手が変わってくれる場合があります。人間関係を理由に転職を考えている看護師さんは、是非試してダメだったときに、もう一度転職を考えるようにしましょう。

2011年6月 3日 (金)

看護師の転職【転職準備って何すればいいの?】


転職したいなーと思う看護師さんに今日はお話したいと思います。

転職したいと思ってる看護師さんの中で「実際に転職活動をし、転職をした」という看護師さんは約6割と言われています。看護師さんは、転職したいと思っても、「勇気がなかった」「今より良い職場が見つからなかった」など、様々な理由で実際に転職することができない方も多くいます。
転職したいのに、なかなかできない看護師さんのために、転職活動の流れを紹介します。転職に対する全体の流れが見えることで、ちょっとは行動に移しやすくなると思います。是非、転職を考えている看護師さんは参考にしてほしいと思います!

■転職の流れ■

円満転職を目指すための転職の流れを紹介します。

■1■まずは転職理由を整理しましょう。
今の職場がイヤ。と、不満が理由だけではなかなか転職活動はうまくいかないものです。円満転職をするためには、なぜ今の職場に不満が生まれたのかを整理することが大切なのです。

■2■転職先の情報収集
求人の探し方には、求人誌で探したり、ハローワークやナースバンクで紹介してもらう方法があります。また、最近多い求人の探し方として看護師の転職支援サービスを利用する方が増えてきています。転職先の情報を収集するために、実際に看護師を募集している病院まで足を運び、職員の仕事ぶりや患者さんへの対応を見ることで、求人票に書かれてない「病院の本当の姿」を見ることができるため、自分にあった職場を見極めることができるのです。

ここで余談ですが・・・w

実際に足を運び、どんな病院なのか、病院内部を知るために、情報収集することは大切なんですが、たくさんある求人を1から10まで見て周るのは時間と手間がかかって仕方ありません。特に在職中に他の病院を見て周る時間はありませんよね。そこで、転職支援サービスを利用する看護師さんが増えているのです。

看護師転職支援サービスでは、看護師さんの代わりに求人票には記載できない内部の情報収集をしているため、求人紹介と合わせて看護師さんの情報提供しているのです。人間関係、職員の離職率までは、看護師さんが自分で病院に足を運んでも見ることができない部分もあるので、転職支援サービスから求人紹介してもらうことが一番効率よく転職活動を進めることができます。

と、ちょっと長くなってしまいましたので、この先はまた次回に解説したいと思います。次回の内容は、応募書類作成と面接準備編です。

看護師求人サイトランキング

  • 更新:2012年1月16日
    • 【1位】ナース人材バンク
      看護師紹介実績NO1の実力がある!年間10万名以上の看護師が利用する人気の求人サイト!
    • 【2位】マイナビ看護師
      首都圏・関西・東海の看護師求人を網羅!原則として看護師の定着率の良い求人を紹介中!
    • 【3位】ナースではたらこ
      親身なコンサルタントの対応に全国の看護師さんが安心して、転職支援を依頼中!
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ